仕事術に関する記事

東京の朝の電車通勤は毎日戦争だ

東京の通勤は恐ろしい。

毎朝戦争だ。

地方から上京し、仕事が始まれば誰でも参加する戦争だ。

会社の近くに引っ越すのはお金がかかる。

歩いていける範囲内に住むのはかなりお金がかかる。

仕事よりも疲れるのが朝の通勤だ。

このクソほど大変な通勤を抜け、会社に着いたら仕事が終わったも同然。

会社の業務は遊んでいる感覚に近い。

朝の通勤が一番の大仕事だ。

と、最近上京し仕事が始まった僕の感想だ。

正直通勤が一番ストレスが溜まる。

ブログの神と言われるイケハヤさんがいつも言っている

「まだ東京で消耗してるの?」とはまさにこれだ。

しかし東京から出て行く気はさらさら無い。

じゃあ、朝の通勤ラッシュ(戦争)から逃れる術はないのである。

朝の戦争を切り抜けるには以下の道具が必須である。

戦争に参加する前に必ず確認しよう。

ウェットティッシュ(アルコール入り)

これは吊り革を掴んだ時のためだ。
僕も1度経験があるが、吊り革を持った後にその手の匂いを嗅いでみたらう●この香りがした。
きっと、前に乗った人がう●こを漏らしてしまい、お尻を手で抑えていたんだろう。仕方ない。
ただ、僕までう●こを漏らしたと思われてしまう。それは心外だ。

そのためにはウェットティッシュ(アルコール入り)で迅速に拭かなければいけない。

じゃないと周りから熱い視線を感じることになるだろう。

マスク

朝の戦争中は、身動きが取れない。本当に一切取れない。
押されすぎて、地面から浮く時もあるくらいだ。

そんな場面で、万が一自分の前にハゲのオッサン(ハゲの人ごめんなさい)の頭皮が迫ったと想像してください。

どうです?もちろん地獄ですよね。

身長差があると、この場面に出くわす確率が非常に高いです。

マスクがあれば少しでも匂いが軽減されます。

もし仮にマスクが無い状態で顔がその頭皮に触れてしまったらもう終わりです。

マスクがあれば大丈夫。常備しときましょう。

デオドラント用品

僕、正直ワキガだと思うんですよ。

吊り革を左手で掴もうと腕をあげた瞬間、隣の女性にすごい睨まれました。

自分でも薄々気づいていましたよ・・・。ワキガって。

確信しました。

皆さんも気をつけてください。気づかぬ間に相手を傷つけています。

満員電車でやられると匂いの暴力です。いつか犯罪になりそうな予感。

自分ではなかなか気づきません。匂いには気をつけましょう。

まとめ

まだ通勤で消耗してるの?

会社に近くに住め!!

ABOUT ME
ヒロシ
ヒロシ
どーもっ!ヒロシです! ブログを書いてるうちに、文字を打つことに快楽を覚えるようになってしまった人間です。