日常に関する記事

運転が上手くなる秘訣を伝授!元プロドライバーが解説

僕は元タクシードライバーです。
そう、世間一般では[運転のプロ]と呼ばれます。

そんな今ではプロになった僕ですが、もちろん最初は運転が下手くそでした。
タクシードライバーになる前に、2度の事故を起こした経験があります。。

1度目は、Uターンしようと狭い道を切り返していたら、バックしてる最中にポールに気づかずコツン・・・。

2度目は、一方通行の狭い道を通っている時に、電柱にサイドミラーをコツン・・・。

相手の居ない小さな自損事故で良かった・・・。

過去に事故はありますが、タクシードライバーを始めてからは事故は起こしてません。
しかも、今までより”運転量が増えている”のにですよ。

なぜか?と言うのは、過去に事故を経験したことにより、事故をしないための運転技術を考え、身につけたからです。

そんな運転技術を皆さんに知ってもらい、事故の確率を減らして欲しいので解説していきます。

目線の大切さ、知っていますか?

たま〜に、田んぼに突っ込んでいる車を見たことありませんか?
僕は何度かあります。田舎だったので(笑)。

普通、真っ直ぐ走っていれば、田んぼに突っ込むことなんてありませんよね。
ですが、世の中には田んぼに突っ込む人が居るんですよ。。。

これ、なぜ突っ込んでしまうのかと言うと[目線]です。

田んぼの横を真っ直ぐ走っている時、何も意識せずに田んぼの方向に目線を向けると、その目線を向けた方向に少しずつハンドルを切っているんです。

知らない人はビックリかもしれませんが、
これは人が無意識に行なってしまう心理現象です。

意識して目線を動かす場合は、もちろん真っ直ぐ走れます。
が、運転に慣れていない人は、目線と一緒に必ずハンドルも動いてしまうのです。

試しに、歩いている時や自転車に乗っている時に試してください。
真っ直ぐ進みながら、横に視線を5秒ほど向けて、もう一度真っ直ぐ向いて見る。
すると横に向けた目線の方向に、少し移動しているはずです。

スマホをしながら歩いている人が、変な方向に行ってしまうのもこのためですね。下に目線を送っているので、自分の中では真っ直ぐ歩いているつもりが、実はすごいフラフラしている現象が起きてしまいます。

車線変更しようと思った時、車線を変更する方向に少し寄ってしまい、クラクションを鳴らされた経験ありませんか?
これは、後方確認しようと目線を一度後ろに向けようとすることにより起きているんです。
目線を意識することができれば、この現象を無くすことが可能です。

これぐらい目線っていうのは大切です。
目線を意識できるようになるだけで、運転技術は本当に見違えるほど変わりますよ。

安全確認は2回以上行う

初心者の時って、安全確認を何度も行なっていませんでしたか?
運転が慣れていくにつれて、安全確認が減っていく傾向にあります。
このため、完全初心者より少し運転に慣れだしたドライバーの事故が多いのです。

安全確認を怠り、さらに止まれを無視するようになると、事故率が跳ね上がります。
こちらの動画を見てください。

この動画を見れば、安全確認の大切さを再確認できるかと思います。
確認ができていれば、起こることのない事故ですよね。

自分で安全確認ができていないと感じた時は、
こういった事故の動画を見れば、再度安全確認をしっかりできるようになります。

車幅感覚について

正直、僕も車幅感覚は自信ありません。。。
ですが、練習すればある程度の感覚を身に付けることができます。

練習の仕方を解説しようと思いましたが、なかなか説明が難しかったので、似たようなやり方のYouTubeを発見したので、動画で見て練習してみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=bmJLuUk2-6w

これを見て助手席側の車幅感覚はかなり掴めるようになると思います。
助手席側の感覚がわかれば、運転席も余裕になります。

感覚を掴めたからといって、ギリギリを攻めすぎると事故の元になります。
そのため、自分が思っているより間隔を空けることが大切です。

車を乗ったら、一度は誰でも経験すること

皆さん、一度は車で事故を起こされたことがあると思います。
僕の周りで事故を経験したことがない人は・・・、居ません!!
サイドミラーを軽く擦っても事故ですよ!

少ないと思いますが、事故を起こしたことがない人も中には居ます。
それは、ペーパードライバーで全く運転していないので確率的に事故が無いか、車に乗る前から、乗り物の経験が豊富な人(バイク、カートなどに乗っていた)です。
乗り物の経験が豊富な人でも、その経験を積むまでに必ず事故を経験してるはずです。

なので、今までに解説したことを意識して運転すれば、事故はかなり防げます。
車の運転は相手も居るので、事故の確率を0%にすることは不可能ですが、0%に近づけることで、事故を最小限に抑えることができます。

終わりに

不安や気分がのらない時の運転は、気がそれてしまうので大変危険です。
気がそれてしまうと、どんなベテランドライバーでも、いつも通りの運転ができず事故を起こしてしまいます。
プロのドライバーは、不安を感じても運転に集中できる技術を持ってます。
この技術は、毎日毎日運転をして、やっと身につくものです。

気持ちを落ち着かせるために、瞑想をオススメします。
やり方についても一度記事にしているので、ご覧ください。

https://hiroshi-blog.net/mind/meditation/

瞑想を普段から行う事により、イライラも減り、気持ちを落ち着かせて運転できるようになります。

ぜひお試しくださいっ!!

ABOUT ME
ヒロシ
ヒロシ
どーもっ!ヒロシです! ブログを書いてるうちに、文字を打つことに快楽を覚えるようになってしまった人間です。

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/hiroshi-blog/www/hiroshi-blog.net/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/hiroshi-blog/www/hiroshi-blog.net/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9