ひきこもり

僕が昔、ひきこもりになった理由を赤裸々に話す

中学生〜高校生の6年間、僕はひきこもりだった。

小学生の頃は、毎日外で遊ぶような無邪気な子どもだったのに。
友達も居たはず。毎日遊んでたもん。

しかし、中学生になって一気に変わった。
1年生の頃は友達が居たかもしんない。けど記憶にはない。
今思い返そうとしても、ひきこもりをしていた記憶しか思い出せない。

気づいたらひきこもりになっていた。

今は脱ひきこもりをしている。

脱ひきこもりをしても、ひきこもりだった頃の話はずっと隠していた。
新しくできた友達にもひたすら隠した。

今では、中学校の同窓会に参加できるほど吹っ切れた。
わざわざひきこもりだった時の話はしないけどね。

今だからこそ、ひきこもりのみんなに胸張って言える、

脱ひきこもりをしたほうが、人生たのしいよ。

小学生はちょっと悪ガキだった

小学生の頃は、自分で言うのも恥ずかしいが、ちょっと悪ガキだった。

夜まで遊んだり、火遊びしたり、万引きして怒られたこともある。
今だから言えるが、タバコを吸ったこともある。

そんな子供だった。

中学に入り、オンラインゲームに出会う

中学生になり、1ヶ月ほど経った時、ひとつのオンラインゲームに出会った。
ファイナルファンタジーⅪ(通称:FF11)
これを始めたことにより、僕の人生は180度変わりました。

事の始まりは、兄貴にこのゲームを勧められたところから始まる。
ちなみに僕は3人兄弟の末っ子だ。3歳離れた兄と、7歳離れた姉が居る。

ゲームは昔から大好きだった。けど兄貴と対戦して勝てた事がない。
小学生の頃によくやっていたゲームは、大乱闘スマッシュブラザーズ64。地元最強と言われていた。兄貴には勝てないけど。

そんな兄貴にFF11を勧められ、始めてみた。

すぐハマった。すごい楽しかった。ゲームの中で友達ができるんだもん。
まだ当時はオンラインゲームが有名じゃなくて、ネットスラングも現実世界で使われるような時代では無かった。同級生でオンラインゲームをやってる人なんて居なかった。

ネットスラング:ネットで使われる専門用語。昔は「w」なども現実では使われていなかった。今では「ワロタ」「ジワる」などがよく使われる。

兄貴のレベルを追い越したくて、気づいたら寝る間も惜しむほど、のめり込んでいた。
毎日学校に行き、授業中は攻略サイトを調べ、すぐ帰宅してゲームをする。
この時はまだ友達が居たかもしんない。記憶にないが。

そして夏休みが近づいてきた。
僕はもうウキウキだった。
毎日ゲームができる!!兄貴を追い越すぞ!!と目標を立てて意気込んでいた。

夏休みに入り、毎日、毎日ゲームした。ゲームをしながら寝て、起きたらすぐゲーム。
ご飯しながらゲーム。お風呂は1分。お風呂よりゲーム優先。
そんな毎日を繰り返した。

唯一、外に出た記憶といったら、コンビニにウェブマネーを買いに行くぐらい。

ウェブマネーとは、オンラインプリペイド型の電子マネーである。クレジットカードを持っていない人は、ウェブマネーで月額課金制1,300円を支払う必要があった。

気づけば兄貴のレベルなんて追い越していた。

しかしそんな目標のことなど、どうでもよくなっていた。
いつの間にかゲームの中の人達より強くなりたい、という目標に変わっていたのだ。

もっと強くなるには、もっとゲームをしないと!
そんな熱い気持ちはあったが、夏休みが終わった。

夏休みが終わり、異変が・・・

今日から学校だ。
学校の用意をして外に出る。ひさびさの太陽だ。眩しい。

いやだな〜、ゲームしときたいな〜。と思いながら学校へ向かう。
すぐ違和感を感じた。

歩き方がわからない

前まで毎日歩いていたはずなのに、歩き方がわからない。
何を言ってるかわからないかもしんないけど、本当にわかんない。

けど歩けてる。いや、本当に歩けているのか?

そんなことを自問自答しながら歩くが、違和感しかない。

他の学生にすれ違うと、すごく見られている感じがする。やっぱり歩き方変なのかな?

あとで気づくが、この辺りから”人の異常に視線を気にする“ようになった。

人の視線を感じながら、学校へ向かうが、なぜか緊張で汗がダラダラ。
正直帰りたかった。

学校に着いて、友達だった人に声をかけられる。

友達?
友達?
おー、ヒロシ!久しぶりじゃん。なにしてたんだよ〜!
ヒロシ
ヒロシ
お、お、お、、、あ、、う、、ん。

頭が真っ白になった。

いつの間にか、”声の出し方がわからない“、”人との喋り方がわからない“ように陥っていた。

その友達はすぐどこかへ行った。
変な奴と思われてないかな?など非常に心配になった。
去った後に、喋りたかった言葉が思い浮かぶ。

ゲームの中で、いろんな人とチャットをしていたはずなのに。

自分のクラスへ入る。
するといくつかのグループがあるが、いつも僕が居たグループに行こうと思ったが、グループの輪の中の入り方がわからない“ようになっていた。
なんて言ってグループに入ればいいのか?そもそもグループに混ざっていいのか?
いろんな不安が頭によぎった。

意を決して、いつも居たグループに声をかけにいく。

ヒロシ
ヒロシ
y、、、y、よ、、、よっっ、、、!っひ、、、ひ、ひ、ひさしぶり!

完全に変なヤツだ。

友人A
友人A
ひさしぶり〜!ってヒロシ、おまえ肌白すぎじゃね??
友人B
友人B
ほんまや!!wwひきこもりやんっw
ヒロシ
ヒロシ
、、、あ、、、あ、、、、あ。

頭真っ白。チャイムが鳴り、自分の席に座る。
座ってる間に、さっきの友達の言葉を思い出していた。

ひきこもりには言ってはいけない言葉

友達の言葉にひどく傷ついた。

本当のひきこもりにしか分からないけど、”ひきこもり“って言われると、酷く傷つく。
デブにデブって言ってるのと一緒。それほど侮辱した言葉。

傷づかない人は、ウソのひきこもりだ。ネタとして言っているだけ。

本当のひきこもりは、自分でひきこもりだと思いたくないし、言われたくもない。
けどひきこもりだ。

この友達の発言により、当時はイジメられていると思い込んでいた。

イジメって本当に捉え方次第だと思う。今考えれば、ただイジられているだけだなって思うし。

しかし、このことがきっかけで、僕は誰とも話せなくなっていき、気づけば友達が0人になった。

ここからは毎日、学校で寝て、家でゲームをするという繰り返し。
親が厳しかったので、学校には毎日行っていた。
厳しくなかったら確実に不登校になっていただろう。

そんな毎日を過ごし、気づけば中学校は卒業。
もちろん卒業式は、誰とも写真を撮ることなく、すぐ家に帰ってゲームしてた。

気づけば高校3年生

高校に入学しても変わらない毎日を送っていた。

コミュ障・人見知り・あがり症・人間不信・マイナス思考・アトピー持ち、最悪だ。

高校入学してすぐの頃、1回友達ができた。
同じオンラインゲームをやっている人だった。

意気投合したが、その人は1ヶ月もせず学校を辞めてしまった。

また友達の居ない毎日を繰り返し、気づけば高校3年になっていた。

高校3年になったある日、親から「もうお小遣いあげないから、自分でアルバイトでもして」と言われてしまった。

お小遣いが貰えないとゲームができない。そんなの死んだも同然だ。

やばい。と思ってアルバイトを探した、が見つからん。
兄貴が働いていた”くら寿司”を紹介してもらった。

ゲームをしたいがために働きにいった。
働いているうちに、少しずつだが喋れるようになってきた。

アルバイト先で、1個下の友達ができた。

遊んでるうちに、気づけば”脱ひきこもり”になっていた。

家にひきこもるより遊んだ方が楽しい。ゲームもいつの間にか辞めていた。

脱ひきこもりしてからも大変だった

中学んとき、EXILEのあの曲流行ってたよね〜!

なんて友達に言われても、知らない。音楽なんて聞いてなかったもん。

だけど、とりあえず知ってる知ってる〜!!あれでしょ!!あれ?どんなんだっけ?聞かせてよ。なんて適当に答えてた。

友達と会話してるうちに、”コミュ障“は薄れていった。
コミュ障の原因は、人との会話不足によるものだった。

しかし、ひきこもっていた6年間の隙間は大きい。

グループの輪に入っても、話が全然ついていけない。
中学、高校の話が出てきても話についていけない。

そんな時に、やっぱり”ひきこもりのほうが向いてるのかな“なんて考えたりしていた。

だけど、努力して、自分と向き合い、ひきこもりに戻らないように頑張った。

頑張っていろんな人と話した。

動き出せば、努力でなんとかなる

コミュ障・人見知り・あがり症・人間不信・マイナス思考・アトピー持ち
歩き方がわからない“、”人の異常に視線を気にする

どれも、今の僕に会ったら、ウソでしょ?って言いたくなると思う。(笑)

それほど努力で変化できました。

  • コミュ障は、会話をしてたら無くなった。
  • 人見知りは、タクシーの仕事で初対面の人しか居ないので、接してるうちに無くなった。
  • あがり症は、あがりまくってたら無くなった。普段しないことはあがるけど。
  • 人間不信は、信用できる人と出会う事で無くなった。
  • マイナス思考は、努力していることで無くなった。
  • アトピーは、色々試行錯誤して、自分に合った治し方を見つけた。
  • 歩き方は、歩いているうちに思い出した。
  • 視線を気にするのも、筋トレして自信をもったら無くなった。

グループの輪の中の入り方がわからない“、これだけは今だに慣れません。(笑)

僕もまだ成長段階です。

今ひきこもってるみんなも、一緒に成長しよう。

一歩踏み出せば、なんとかなる。

ひきこもりじゃなくなって、普通に喋れるようになった僕を、みんながどう思ってるかはわからない。
けど、変わった僕を悪く言う人は居ない。そんなの気にしなくていい。
もし悪く言う人がいれば、その人とは距離を置くだけでいい。
信用できる人はたくさん存在する。
だから勇気を持って、一歩踏み出そう。

いつかひきこもってた事も、笑って話せるよ。

こんなひきこもりだった僕でも変われたんだから、みんなも変われるよ。

脱ひきこもりをしたほうが、人生たのしいよ。

ABOUT ME
ヒロシ
ヒロシ
どーもっ!ヒロシです! ブログを書いてるうちに、文字を打つことに快楽を覚えるようになってしまった人間です。