ひきこもり

ひきこもりにしかわからないことをまとめてみた!!ひきこもりあるある

現在、ひきこもりが急増しているみたいですね。
しかも若者よりも中高年のひきこもりが増加中で、40歳〜64歳のひきこもりが全国に61万人も居るらしいです。

ひきこもりの定義は、
6ヶ月以上、家族以外とほとんど交流がない人を指します。

そんな話題のひきこもりですが、元ひきこもりの僕がひきこもりの人にしか分からないあるあるを、いくつかまとめてみました。
現在ひきこもりの人は共感して楽しんでください。
ひきこもりじゃない人は、温かい目で見てくださいね!

家の中あるある

  • 外出する機会がない
  • 気づけば昼夜逆転している
  • 1ヶ月もすればひきこもりに飽きる
  • インターホンの音や、外の音にすごい敏感になる
  • Amazonは神
  • たまに焦燥感に駆られる

気づけば友達が居なくなり、外出する機会がなくなります。
たまにする外出はコンビニに行くことぐらい。

1ヶ月もすればひきこもればやる事が無くなり飽きます。。。が外出する機会が無いのでどんどんひきこもりの道へ。さらに気づけば昼夜逆転しているので最悪です。

ひきこもってるうちに、外部との関わりも減っていき、気づけば宅配便の人としか合わなくなってきます。すると、外の音に過剰に反応してしまうようになり、すごい不安に追いやられます。

たまに外出する時あるある

  • 昼間にコンビニに行くと、太陽がすごく眩しく感じる
  • 服が無いから、さらに外出する気が無くなる
  • ゲームにハマったひきこもりは、現実とゲームの区別がつかなくなる
  • 異常に他人の目を気にしてしまう。

たまにしか外に出ないので、昼間にコンビニに行くと太陽が眩しすぎて立ちくらみします(笑)。だから基本コンビニに行くのも夜間が多め。
外に出るための服も無いから、服を買いに行くことが困難。

オンラインゲームにどっぷりハマったひきこもりは、外に出るたびに魔法を使いたくなる。
テレポが使えたら楽なのに。
あとめちゃくちゃジャンプできる想像をする。

異常に他人の目を気にしちゃう。学校、職場、飲食店どこ行こうが自分のことに文句を言われてるように感じるので、さらにひきこもりが加速する。

学校や会社あるある

  • 半年もひきこもればコミュ障になる
  • たまにしか喋れないので、上手く喋れない
  • 話題についていけなくなる
  • 夏でもお肌が真っ白なのでバカにされる(男限定)
  • 相手はいつも通り接してくれてるつもりが、実は怖く感じている

半年も人と喋らないとマジでコミュ障になる。コミュ障になると吃ることが多くなり、余計に喋ることに苦痛を感じてくる。コミュ障悪化。

遊びや飲み会に参加しないので、話題についていけなくなり友達とどんどん疎遠になっていく。気づけば友達が居なくなりオワタ。

ひきこもっていると夏でもお肌真っ白になる。そのことをめちゃくちゃバカにされる。
と言うより、バカにされている気がして、人が怖くなってくる。

1日の終わりあるある

  • SNSで同級生を見かけて、楽しそうな情報を見ると死にたくなる
  • 1日の時間は遅く感じるが、1年は早く感じる
  • 夜が一番活動する時間
  • 周りが成長していってることを感じると、さらに辛くなってくる
  • 実はひきこもりから脱出したい
  • 明日からは頑張ろう、と毎日思っている
  • 心のどこかで、いつかなんとかなると思っている

SNSで同級生がみんなと楽しそうにしている写真や動画を見てしまうと、1日中鬱になる。なんで自分を呼んでくれないんだ!!

昼夜逆転しているので、昼に起きるがやることがなくて早く夜にならないかな〜っと毎日考る。が気づけば1年経っていることに気づく。クリスマスなどのイベント行事は、実はちょっと気にしてる。

夜が一番活動できる時間だが、夜はお店も閉まっているので、いつも通りひきこもる。

ひきこもりから脱出したいが、毎日毎日「明日から頑張ろう」とつぶやくだけで絶対に何も行動しない。もしかしたら、友達だった人が家にきてくれて遊びに誘ってくれるんじゃないか。など淡い期待をしていたりする。
そしてなんとかなると思って、また1日が過ぎていく。。。

最後に

僕がひきこもりだった時に感じたことをあるあるでまとめてみましたが、どうでしょうか?

現在ひきこもりをしている人に共感できる部分があったと思います。(笑)

僕は現在脱ひきこもりをしているので、ひきこもりから脱出したい人はぜひご相談ください。

元ひきこもりなので、親身に相談乗れると思いますよっ。

周りにひきこもりが居ますが、今では僕が唯一友達だったりします。。

また次回、どうやってひきこもりから脱出したのか記事に書いてみます。

お待ちを!!

ABOUT ME
ヒロシ
ヒロシ
どーもっ!ヒロシです! ブログを書いてるうちに、文字を打つことに快楽を覚えるようになってしまった人間です。